基本理念

総合施設としての多岐にわたるサービス

ケアヴィラ宝塚では、グループホーム「ケアホーム宝塚」とともにサービス計画書に基づいた看護や、医師の管理のもとに行う介護・機能訓練、その他必要に応じた医療や日常生活のお世話をするなど総合的なケアサービスを提供しています。当施設の目的はそれぞれの利用者に残された能力を最大限に引き出し、それぞれが自立した日常生活を営めるよう支援することです。

家庭復帰への支援

明るく家庭的な雰囲気の中、何よりも利用者の意思や人格を尊重しつつ、利用者の立場に立ったサービスを提供しています。暖かなふれあいの機会や理学療法士による無理のない機能訓練の持続によって、すみやかな家庭復帰をめざしています。

在宅ケアを応援

地域の在宅ケアの支援にも力を注いでいます。短期入所療養介護や通所リハビリテーションなど、施設が持つ多様な機能を活かし、在宅ケア支援の拠点となることをめざしています。

地域とともに

ケアヴィラ宝塚は、地域や家庭との結びつきを重視した開かれた施設です。市町村、居宅介護支援事業者、居宅サービス事業者,他の介護保健施設、保健医療サービスまたは福祉サービスの提供者との密接な連携に努めるとともに、「健康講座」「介護講座」の開設など、地域住民とのふれあいやネットワークを大切にしています。

先頭に戻る